トップページへ最新情報会社案内事業紹介品質管理環境方針
丸眞製作所 HOME   >  事業紹介/金属熱処理   >  浸炭焼入れ
事業紹介
浸炭焼入れ処理
浸炭焼入れとは、通常焼入れできない鋼の表面に炭素を侵入させて炭素の侵入した鋼の表面を硬化する熱処理方法です。鋼を焼入れしたときの硬さ(硬度)は炭素の含有量により左右されるので、炭素含有量の低い鋼は浸炭焼入れを施すことにより硬さ(硬度)を上げることができます。表面部分だけを硬化することにより耐磨耗性と耐久性のある鋼を造り出しますので、自動車部品をはじめ、様々な機械部品に応用されております。

当社では全自動浸炭炉、連続ガス浸炭炉を保有しており、薄物・小物・大物・単品・量産まで安定した高い生産能力を有します。
連続ガス浸炭炉 連続ガス浸炭炉
自動ユニケース焼入れ炉
自動ユニケース焼入れ炉
特徴
全自動浸炭炉、連続ガス浸炭炉の使用による安定した高い生産能力を有す。
各設備の特徴を活かし、薄物、小物の極浅い浸炭も対応可能。
鋼種により、浸炭窒化処理も行っております。
表面部分は耐磨耗性と疲労強度が得られ、内部の浸炭されない部分は靭性に富んだ状態になります。
特徴
自動車等の重要保安部品
耐磨耗性の必要なOA部品
さまざまな使用用途で適応化
(適応鋼種)
S15C、S20C等の炭素鋼、SCM415、420等のクロムモリブデン鋼、SS、SPC、SUM等の快削鋼